私はこう思う

2018年10月

2018.10.27

詐欺手口の巧妙化には、家族や友人への相談を

 川崎市には消費者行政センターがある。親身になって相談に乗ってくれるから、消費者にとって強い味方といえる。ところが相談内容も年々変わってきて手口も巧妙化している。相談の多い架空請求も簡易メール等を利用したものが多かったのが、去年は「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」という公的機関を装った内容のハガキを送付という手段が増加しているという。

 高齢者も狙われている。架空請求のほか、訪問販売で屋根や床下、排水溝の修理など高額な工事費を請求される。油断も隙もない世の中、一人で決めず家族や友人に相談して決めることが大事だと思う。

カレンダー

«10月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト

    フィード

    Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.