私はこう思う

2017.07.10

「川崎らしさ」 市役所本庁舎解体と新庁舎

 市役所本庁舎の解体が進み既に更地状態になってきた。昭和13年の竣工というから78年もの間、川崎市を見守り、市民に親しまれてきた庁舎。無くなってしまうと改めて、深い感嘆を覚えるのは私一人ではないだろう。時計塔や重厚だった玄関とバルコニー、議場だったという講堂、陽光が差し込む地下食堂等思い出は尽きない。

 次の100年へ、新しい時代を造る新庁舎も平成31年度に着工、34年度に完成の予定だ。25階の高層棟の前の低層棟は旧本庁舎を新築復元し時計台もできるという。

 川崎は色々なものを吸収し発展してきた。これからも川崎らしさを忘れずに新庁舎とともに発展して欲しいと思う。

 

カレンダー

«7月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

カテゴリーリスト

    フィード

    Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.