私はこう思う

2016年11月

2016.11.01

災害情報を身近なものに

 地域での防災訓練も大方終わり、改めて災害情報等の発信と受信について考えてみた。川崎市も屋外スピーカーや携帯電話での緊急速報メール、メールニュースかわさき、市のホームページの閲覧、TVのデータ放送など様々な方法で情報発信を可能にしている。

 この4月からはスマホを使用した「かわさき防災アプリ」による避難所等の情報提供も始めた。

 だが受け取る側の市民のうち、全てを理解している人は少ないのではないだろうか。防災訓練で実施するのも一部だけだ。スマホを持っている人が多数を占める今、防災アプリは歩数など個人の健康とリンクさせ関心を持って頂く工夫が必要ではないかと思う。

Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.