私はこう思う

2016.04.01

再犯防止には市民の総合力が必要

 川崎市は2月に川崎市保護司協議会と「就労支援に関する協定」を締結した。犯罪や非行を行った方の就労は極めて困難な実態があり、再犯防止のため就労機会の拡大が強く求められるなか、市が保護観察対象者を臨時的任用職員として任用し、経済的自立に向けた支援を行うもので、県内の自治体として初の取り組みです。

 このことを通して、再犯防止と民間企業等への就労機会の拡大につながればと願わずにはいられません。

 一方で保護司や保護司会の皆さんが地域で活動を行う拠点づくりも必要です。川崎区内でもようやく「更生保護サポートセンター」が開設しますが、活動拠点の整備も着実に進めるべきだと思う。

カレンダー

«4月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリーリスト

    フィード

    Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.