活動レポート

2018.03.26

川崎ルフロン脇の歩道に啓発シート!

 この歩道は「ふれあいプラザ」へ向かう点字ブロックがあり、放置自転車で危ないことから駐輪防止を以前より求めてきました。設置後の効果と今後の取り組みを質問しました。

 川崎区長は「太田総合病院に至る歩道の一部に川崎小学校4年生が描いた絵画で作成した路面啓発シート56枚を設置した。その結果、放置自転車は大幅に減少し効果は持続している。今後はこれまで整備した3カ所に加え、平成30年、31年度に各1カ所、計5カ所整備し、シートの寿命が約5年であることから、既設シートの更新を年1カ所ずつ実施していく」と答えました。

Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.