活動レポート

2014.10.20

―65歳以上の皆さんにお知らせ―肺炎球菌ワクチン接種の公費助成が実現!

 平成19年3月6日に開会された予算審査特別委員会で、市議会で初めて肺炎球菌ワクチン接種の公費助成を取り上げ、目黒区の例を引いて実現を求めました。しかし当時は海外では一般化しているものの国の予防接種法の位置づけはされておらず市は研究していくとの消極的な姿勢を崩しませんでした。その間、何度となく議会で取り上げ実現を迫りました。

 我が党の古屋範子衆議院議員の力添えもあり、ようやく昨年末、国は高齢者用肺炎球菌ワクチンと乳幼児用水痘ワクチンの予防接種に助成を行うことを決めました。

 その結果、この10月から65、70、75、80、85,90、95、100歳となる方を対象に、希望される方は4500円で接種が受けられるようになり、対象の方には手紙が郵送されています。 質問のきっかけは「高齢者にとって肺炎は恐ろしい病気。予防するにはワクチン接種があるがこれが高い。公費助成があればもっと普及し、皆元気で暮らせるだが」との市民相談からでした。

 さっそく実現したことを本人に伝えたかったのですが、実は昨年亡くなりました。喜んでくださっているものと確信しています。

Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.