活動レポート

2012.09.15

スマートシティ実現へ、エネルギーの効率利用促進を。

 川崎駅周辺地区は駅前を中心に商業、業務施設や住宅などが集積する市街地であり、エネルギー特性が異なる多様な機能が集積していることから、施設間の連携による地区全体のエネルギー利用の効率化やエネルギーセキュリティの向上を目指す実証事業を行うことが明らかになりました。

 また災害時の対応として、各事業者で太陽光発電など再生可能エネルギーや蓄電設備の導入を検討するとともに、鉄道事業者等と連携して帰宅困難者対策等に備えていくと答えています。

 富士見周辺地区、川崎臨海部地域もエネルギーマネジメントの構築に向け、スマートシティモデル事業を実施することになりました。

Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.