活動レポート

2009.10.22

所沢市の市民体育館を訪問しました。

 

 

 西武新宿線の新所沢駅東口から歩いて10分ほどのところ、美原小学校・中学校と所沢北高校が隣接する文教地区にその体育館はありました。多様化するスポーツニーズへの対応、競技力の向上、国際大会などの開催が可能な施設づくりとして平成16年6月に完成しました。

 玄関から入ると、バリアフリーにも注意し、ハートビル法や県の福祉のまちづくり条例に適合するようユニバーサルデザインに基づき設計されているとの説明がよくわかりました。段差は無く、明るくて、誰でも歩きやすく移動しやすさが感じられました。 説明の後、サブアリーナ、トレーニング室等見せていただきましたが、メインアリーナの広さには圧倒されました。バレーボールの公式大会ができるコート4面を確保、高さも国際大会に対応できる18mをとっています。観客席も2,352席、移動席も合わせると4,308席になると聞きました。天井も木造トラス構造とし無垢の杉材を使用、温かみが感じられました。

 特徴的なのはトイレ仕様で、観客の状況によっては女子トイレが男子トイレまで移動し、女子トイレを多くすることが可能とのこと。勉強になりました。

Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.