活動レポート

2017.06.28

アゼリア前街頭演説

水曜日の朝がきました。雨交じりの空です。気温も昨日から比べて低いようです。川崎駅東口アゼリア前から街頭演説会を開始しました。西村くにこ県会議員、浜田まさとし市会議員と一緒です。

昨日の一般質問での内容です。一つは町内会自治会の加入促進について、大震災などに備えて地域で自主防災組織が結成されていますがその実態は町内会自治会です。ここが機能するかしないかで明暗を分けるといっても過言ではありません。また川崎市は昨年4月から「地域包括ケアシステム」の構築をしています。ここにも町内会の力が必要です。だから加入促進をすることが喫緊の課題なのです。入ってみたくなるようなチラシ作成、加入促進月間の設定など提案したことを皆さんに報告しました。

また川崎区独自の防災訓練が9月と11月に開催されることもお話ししました。

いつものお声かけ、激励、本当にありがとうございます。

  

2017.06.27

一般質問

午後から一般質問に立ちました。①区内の加入率が低いことから、町内会・自治会への加入促進対策について ②今年から区独自で2回行うことになった、川崎区の総合防災訓練の取り組みのついて ③向町にある空き家を念頭に、特定空き家等の取り組みについて ④踏切事故から2カ月経過、京急「八丁畷駅」周辺の安全対策について ⑤国の「自転車活用推進法」の川崎市の取り組みについて の5項目を質問しました。

2017.06.22

30年後の川崎臨海部を考える

昨日の午後から川崎駅西口の産業振興会館で、臨海部ビジョン策定に向けたシンポジウム 「30年後の川崎臨海部を考える」 が開催され、出席させていただきました。涌井史郎東京都市大学特別教授のコーディネートでパネルディスカッションが行われました。新しい視点でありたいへん勉強になりました。

  

2017.06.21

川崎駅東口アゼリア前

梅雨空の朝を迎えた川崎駅東口アゼリア前です。傘を持った人々が行きかっています。ここで水曜日恒例の街頭演説会をスタートさせました。西村くにこ県会議員、浜田まさとし市会議員と一緒です。

川崎市議会もいよいよ終盤戦、今週末から4日間、各議員による一般質問が開始されます。私は首都直下型の大震災が心配される中、自主防災組織の中心となる町内会・自治会の加入率が6割ぐらいで推移していることから、加入促進を図るための具体策、例えばキャンペーン活動などが必要です。また川崎市は地域包括ケアシステムの構築が喫緊の課題、その実現のためにも町内会の充実は欠かせませんと訴えました。

本日もお声かけ、激励、本当にありがとうございます。元気が出ます。

 

2017.06.21

公明新聞掲載

今日の公明新聞6面に、京急八丁畷駅から川崎市視覚障害者情報文化センターまでの市道約340メートルの区間に点字ブロックが設置された実績が掲載されました。ありがとうございました。

カレンダー

«8月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

フィード

Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.