プロフィール

人の苦しみがわかる苦労人

 岩崎よしゆきは、敗戦の混乱期に4人の兄弟の長男として生まれた。家業は祖父の代からの漬物屋。岩崎は横浜国立大学に進学するが、父が倒れた長男の彼は、歳の離れた弟たちのためにも家業を手伝う事に決め、やむなく中退。食品会社に勤務する傍ら家業を盛り立てる。弟に任せられるようになるまでの約5年間、夜間も働き続けた苦労人。苦しんでいる人の気持ちが痛いほどわかる彼の原点は、青春時代の労苦にある。

情熱とねばりの人

 議員になって数ヶ月後、認知症の母親を抱え悩みきった女性の相談を受けた。記憶や思考の障害、さらには徘徊と病状は重い。とうとう彼女は仕事にも行けない状態に。岩崎は、認知症のお年寄りを抱える家族の苦しみは、大変な問題だと猛然と調査を開始。共同生活をしながら認知症の進行を遅らせる効果のある「認知症高齢者グループホーム」の存在を知る。

 平成8年の議会で開設を初提案したが効果など研究中であり、なかなか進まない。しかし何度もねばり強く、あらゆる機会に開設を訴え続けた。現在では川崎市内110カ所に開設 (平成28年10月現在) 。やがては小学校区1カ所の設置をめざす。岩崎の情熱とねばりで実現した政策は実に多い。

※17年から痴呆症は認知症に変更されました。

◆◆◆ 略歴 ◆◆◆
生年月日昭和23年4月26日生まれ
出身地神奈川県秦野市
学歴東京都立江戸川高校卒業・横浜国立大学経営学部中退
職歴昭和45年 川崎南部市場内食品会社勤務
昭和59年広告代理店「東弘」勤務
平成07年04月川崎市議会議員初当選
平成11年04月川崎市議会議員2期当選
平成15年04月川崎市議会議員3期当選
平成19年04月川崎市議会議員4期当選
平成23年04月川崎市議会議員5期当選
平成27年04月川崎市議会議員6期当選
役職公明党神奈川県本部副代表
川崎総支部会議議長
川崎1支部支部長
川崎市議会 元副議長
所属委員文教委員会

※青年党員時代から「公害総点検」「通学路総点検」等の地域活動を推進。
人情味溢れる川崎を愛する気持ちは人一倍強い。
渡田2丁目町内会相談役、川崎市川崎福島県人会顧問等を務める。

趣味読書、映画鑑賞(スピルバーグ監督の大ファン)、ジョギング
血液型B型
家族構成妻と2人家族
好きな人物上杉鷹山、周恩来
連絡先自宅:〒210-0837 川崎市川崎区渡田2-9-5
市議会公明党:〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1

事務所

 岩崎よしゆき
〒210-8577
川崎市川崎区渡田2-9-5

  • TEL:044-344-4035
  • FAX:044-355-5265
Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.