岩崎よしゆき通信

岩崎よしゆきの議会発言を中心に地域での活動をわかりやすくお知らせしています。

過去の岩崎よしゆき通信は、こちらからご覧ください。 

岩崎通信 第87号

川崎区内で総合防災訓練、実施へ! 「わたしの防災手帳」の活用も

 新年度の予算を決める川崎市議会第1回定例会が2月13日に開会されました。3月9日の予算審査特別委員会の最終日には岩崎よしゆき議員が質問に立ち、川崎区で複数回にわたる防災訓練の実施、自転車の逆走防止にナビラインの設置、子どもの目線で電車やバスが見えるチャイルドビューの設置、川崎駅東口駅前通路にドライミスト冷却の再開、再犯防止へ協力雇用主への支援拡大などの4項目を質問、市に早期の実現を迫りました。

質問に立つ岩崎議員

 予算審査特別委員会で岩崎議員は、防災対策について川崎区は港湾を抱えコンビナートもあり津波の心配もある。他の区から比べてリスクが高いことを踏まえ、区独自の防災訓練をどのように実施していくのか、また区民会議での成果の活用を質しました。

 川崎区長は「区ではこれまで総合的な防災訓練は実施していませんでしたので9月1日を挟む前後の防災週間の中で、実施に向け調整をしている。訓練は参加者が主体的に参加、体験ができる実践的な内容とするとともに外国人市民が参加可能となるような内容や、隣接の鶴見区民・町会とも連携した内容にしたい。また町内会や自主防災組織と企業が連携して地域防災力を強化するよう配慮したい。

 また区民会議提案の家族防災会議の開催とその内容を書き込む、わたしの防災手帳を作成し、各町内会へ配布するとともに、英語・中国語など七言語に翻訳して活用していく」と答えました。

自転車の逆走防止にナビライン設置を!

 自転車にかかわる事故が後を絶ちません。岩崎議員は逆走行が大きな原因になっているとして、左側通行が一目で理解できるナビライン等の路面標示を進め、逆走をなくす試みが必要と迫りました。

 建設緑政局長は「自転車の通行位置、進行方向を明示することにより、車道の左側通行を促し、視認性が向上し事故の低減効果が期待できると考えている。そのため平成25年度からナビラインを設置、延長6km整備してきている。今後は小杉駅周辺の効果を検証して計画的にナビラインの設置を推進する」と確約しました。

設置されたナビライン

北口自由通路西側デッキにチャイルドビュー実現へ

 お子さんやお孫さんにゆっくり電車やバスを見せてあげたいという要望から提案した「チャイルドビュー」。昨年の質問で、来年3月に完成する北口自由通路に、子どもの見え方やのぞかれ防止等を考え検討するとの回答を得ていることから再度、実現を迫りました。

三浦副市長は「西側デッキの両側に設置する高さ110cmのガラス製の高欄に60cmより上部を透明化することで、鉄道やバスを子どもの目線で見られるよう整備する」と約束しました。

再犯防止へ 協力雇用主支援を!

 再犯防止に就労支援は欠かせません。引き受けていただく協力雇用主への支援拡大を求めました。

健康福祉局長は「横浜保護観察所や県等と連携し、協力雇用主のご意見を伺い対応を検討する。市の総合評価落札方式の加点等も協議する」と答えました。

―殿町3丁目地区キングスカイフロント― 臨床研究機能をもつ病院開設へ

 今回の公明党の代表質問では、キングスカイフロントで開発された先進医療の恩恵を市民が得られるよう治験可能な医療機関の誘致を再度、求めました。

 臨海部国際戦略本部長は「サイバーダイン社が整備する先進医療専門病院はロボットHALによる機能改善治療の先進医療等での適用拡大を目指して、臨床への適用や研究を行う。さらに慶應義塾大学医学部等とも連携、機能再生治療分野の国際臨床試験を実施し、共同研究を行う企業等の入居エリア等も整備する」と答弁、専門病院の開設が明確になりました。

整備が進むキングスカイフロント

 新たな雇用創出と市財政貢献を図れ!

 代表質問では、開発成果はものづくり、製造へとつながる。周辺の重化学工業はコンパクト化で遊休地もある。地元企業とも連携、製造工場等を誘致し新たな雇用を創出することが必要。また新たな雇用創出は新たな税収効果を生み出すとして見解を求めました。

 臨海部国際戦略本部長は「川崎臨海部は高度なものづくり技術を有する企業が集積しているので、特区等の支援制度を活用し、臨海部の企業のライフサイエンス分野への一層の事業進出や新たな企業誘致に取り組み、川崎臨海部の競争力強化につなげていきたい。さらに市内の中小ものづくり企業などとの連携にも取り組み、雇用創出、税収拡大につなげていく」と答えました。またキングスカイフロントは平成32年度には就業者数約5,500名、来訪者数は年間約175,000名、今後の税収効果は10年間で土地の固定資産税等では14億円、施設・設備等では約95億円を見込んでいることを明らかにしました。

 羽田連絡道路に自転車道整備

 連絡道路は幅員2mの自転車道を両側に整備する計画でキングスカイフロント内の道路と接続する予定。交差点における自転車の通行方法は交通管理者等と協議し安全な通行環境を整備すると明言。

岩崎よしゆきのホットな実績

センターまで点字ブロックが設置

京急八丁畷駅から情報文化センターまで
点字ブロックの設置が実現!

 視覚障がい者の皆さんの熱い要望を受け、議会でも提案してきた点字ブロックの設置が地域の皆さんのご協力もいただき、様々な課題をクリアついに実現しました。皆さんに喜んでいただいています。

私はこう思う

 京急大師線東門前駅の前に東門前小学校がある。駅前であるため小学校に接した歩道は、いつも自転車に占領され歩けない事態が続いていた。川崎区役所はその対策として小学校の生徒さんの絵画をシールに転写、歩道に貼り付けて自転車を止めにくい環境を作り出すという思い切った手段に出た。

 地域の皆さんのご協力もあり作戦は見事大成功、放置自転車の大幅な減少をもたらした。

 この取り組みが評価され、市の平成28年度チャレンジ☆かわさきカイゼン発表会で第1位を獲得、全国大会にも出場を果たした。

 行政と市民協働の取り組みが光るこの事業に、大拍手!

事務所

 岩崎よしゆき
〒210-8577
川崎市川崎区渡田2-9-5

  • TEL:044-344-4035
  • FAX:044-355-5265
Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.