痛ましい事件、事故が続く

 あってはならない痛ましい事件が5月に発生した。新潟市の小学2年の女子児童殺害遺棄事件である。二度と起こさせないと決め通学路の安全対策を代表質問で取り上げ、各区に設置されている通学路安全対策会議に、スクールガードリーダーなど専門職も入れ機能強化を図り安全点検の実施を強く求めた。

 続くように6月の大阪北部地震では、高槻市の小学4年の女子児童が崩れたブロック塀の下敷きとなり亡くなった。言葉が出ない。

 将来の日本を担う児童生徒を事件や事故で犠牲にしては絶対にならないと強く思う。

平成30年7月
川崎市議会議員 岩崎よしゆき

サイクルタウンかわさきとは?

 環境に優しい自転車の快適走行を目指し、川崎区元木町交差点から市電通りを通り、小田栄エスパ交差点を左に曲がり、労働会館あるいは競馬場を左へ、そして国道15号線に自転車専用道路を環状型に整備。さらに市役所通りや新川通りなど区内幹線道路に自転車専用道路を整備することにより歩行者と自転車を分離し安全を図ることを推進しています。 また自転車に関わる交通事故を無くすため免許証型の「自転車安全運転者証」を交通安全教室等参加者に交付する制度の創設など、自転車の走行マナー向上にも取り組んでいます。



事務所

 岩崎よしゆき
〒210-8577
川崎市川崎区渡田2-9-5

  • TEL:044-344-4035
  • FAX:044-355-5265
Copyright (C) 岩崎よしゆき 川崎市議会議員 All Rights Reserved.